*

ビジネス

傷病手当金

企業からの収益が得られないケースでも、御医者さんや企業に「疾患やケガが素因で労働が出来ない情態であること」を弁証してもらうことができれば、所属している健康保険組合から「傷病手当金」を受給することができます。

ただただ、「リクエストすればもらえる金銭」といわれても真に申し入れして安心なのか気になる方も御座いませのではないでしょうか。そこで今回は、傷病手当金を受給した時点に始りうる不具合をご紹介したうえで、受給すべき値打ちについても明白にご講説したいと思います。

傷病手当金とは、健康保険の所属者が、お勤め外の疾病やケガで立ち働くことができない具合いになったとき、給金の2/3の金額を最長で1年6ヶ月呑みこむことができるシステムです。

傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル

 


最近の記事